ごあいさつ
会長の写真

このたびは、消防施設工事協会のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
当協会は、一般の建築物はじめプラント施設など、火災が起きる可能性のある様々な防火対象物に設置する消防防災設備について、そのシステム設計・施工・メンテナンスを営んでおります「消防施設工事業」の専門業者で構成されています団体です。
昭和57年8月に設立され、国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課の所管の下で、建設業行政の指導を受けるとともに、消防施設工事業界の代表団体として意見の具申、建議、要望を行っております。
今まで私達が取り組んで参りました消防防災の仕事とは、建築物火災から国民の生命と財産を守るという重大な使命と責任を負って日夜努力を積み重ねて参りました。
具体的には、戦後の混乱期より、官民一体となって防災政策の一環として消防防災用機器の研究・開発・製造がなされて、消防検定制度の下で厳密な品質管理がなされてきました。
また、これらの消防防災設備のシステム設計や施工・メンテナンスを扱う技術者は、消防設備士という国家資格者を定め、世界に誇る消防防災制度が確立しております。
一方、これらの消防防災設備は、建築物の用途や構造によって正しくシステム設計され、施工およびメンテナンスされなければ、建物のオーナーやユーザーをお守りすることはできません。
この大切な分野を担うのが「消防施設工事業」であり、重い社会的責任を負って日々努力しております。
この様に、火災に対する安全を守るという使命と責任を果たすためには、建設産業の一翼を担う「消防施設工事業」が、主体的に営むことのできる地位と立場が認められる必要があります。
今後も、毎年実施しております「登録消火設備基幹技能者講習・試験」により、優秀な登録消火設備基幹技能者を育成することで、消火設備工事の施工管理レベルのさらなる向上に努力して参りたいと存じます。
当協会では、ご関係の皆様に上記のことについて、より一層のご理解とご指導をいただきながら、より確かに社会的責任を果たして参りたいと存じます。
本ホームページが、そのための一助となることを願っております。